天気予報で雪の予報が出てきている

昨日の天気予報で北海道や本州の高い山では雪になると言っていました。また今朝のニュースで紅葉の名所の中継をしていました。西日本の平地でも紅葉が進んできました。私の職場の朝礼でも北海道や本州の高地で雪が降っているので、自動車のタイヤを雪用にして雪に備えて下さいと言っていました。

天気予報で降雪の予報を言っていましたので、冬が本番になってきているようで、一雨ごとに寒くなっています。雪国では雪の対策の準備で忙しくなってきているようですが、私の住む地方はめったに雪は降りませんし、降ったとしてもそれほど積もりません。

雪国に人にとっては何でもない降雪量ですが、雪に慣れていない地域では雪が少し降っただけでも交通機関は混乱してしまいます。滅多に降らない雪のためにタイヤを雪用にする人は少ないようです。しかし雪が降った後の朝は寒さが一段と厳しくなり路面凍結の恐れが出てきます。

そのため車がスリップする心配があります。雪があまり降らないので雪用のタイヤを準備している人は少ないと思いますが、なにもしないで少しの雪でスリップ事故を起こさにためにも早い時期から雪に備えてタイヤを交換しておくべきではないかと思いましたし、備えておけば事故の心配は少なくなります。